WiMAXの通信状況を改善する為に

WiMAXの受信状況があまり良くないエリアにいる方の中には、パラボラアンテナを自作して、対策を行う方もいます。





パラボラアンテナを自作する際には、金属製ボウルをパラボラアンテナに見立てます。
形状も材質もパラボラアンテナとして利用出来ますので、パラボラアンテナそのものとして利用出来ます



ポイントとして考える部分は、金属製のボウルをどうやって直立させるかです。
お勧めとしては、粘土が使いやすいです。



↓WiMAXサービスの詳細情報はこちら↓
So-net モバイル WiMAX 2+

実験動画

自作のパラボラアンテナは実際に効果があるのか。
そこが気になる部分ですが、実験動画がYouTubeにアップされています





動画によると、実際に通信速度の向上が見て取れます
ですから、自作のパラボラアンテナは効果があると言えます。



現状の通信状況に満足出来ないと言う方は、一度パラボラアンテナを自作してみましょう。

通信環境の改善に備える

WiMAXの基地局の数は年々増えています
また、WiMAX端末の性能も年々向上しています。



ですから、WiMAXサービスの受信環境は年々良くなっています
つまり、今は自作のパラボラアンテナを使用する必要があると言う方でも、後には必要なくなって来ます。



WiMAXの通信環境は良くなっている



自作のパラボラアンテナは、あくまでも場繋ぎと考えましょう。
WiMAXサービスの契約期間は最低でも2年間ありますので、中途解約は出来ません。
ですので、WiMAXの通信環境が更に向上するまでの間、自作のパラボラアンテナでしのぐ・・・そんなイメージでしょうか。



ずっと使い続けなければならないものではありませんので、その部分は安心しても良いです。



↓WiMAXサービスの申込み先はこちら↓
So-net モバイル WiMAX 2+