非常に便利なWiMAXサービスですが

WiMAXサービスと言えば、好きな場所でインターネットが出来て、しかも速度制限が厳しくない。
たっぷりインターネットが出来るモバイルインターネットサービスと言う事で、非常に人気のインターネットサービスです。



そんなWiMAXサービスにはどんなデメリットがあるのか、ご紹介します。



WiMAXサービスのデメリットは?



WiMAXサービスのデメリットとして真っ先に挙げられるのが、au 4G LTE通信に対する速度制限でしょう。
WiMAX 2+通信の速度制限に関しては、ギガ放題プランで申し込む事で緩くなります。
ですが、au 4G LTEに対する速度制限は、他のモバイルインターネットサービスと同様の速度制限になっているのです。



しかも、au 4G LTE通信の使いすぎで速度制限になってしまった場合に、WiMAX 2+通信に対しても速度制限が掛けられてしまいます
ここが、WiMAXサービスのデメリットと言えます。



↓WiMAXサービスの詳細情報はこちら↓
So-net モバイル WiMAX 2+

契約期間の縛り

また、WiMAXサービスには2年間の契約期間の縛りがあります。
この部分に関しても、WiMAXサービスのデメリットと言えます。



もしも契約期間中に解約手続きを行うと、契約解除料と言う形で違約金が発生してしまいます
その部分に注意しましょう。



契約解除料が請求される



とは言え、どのインターネットサービスでも、今は普通に契約期間の縛りと違約金があります。
WiMAXならではのデメリットではないと言う部分については、ご理解頂ければと思います。

対応エリアが限られてる

デメリットと言えるほどではありませんが、WiMAXサービスはまだまだ対応していないエリアもあります。
以下のサービスエリアマップをご覧頂くとお分かりだと思いますが、山間部ではWiMAXの電波が届いてない場所もあります。





とは言え、WiMAXの基地局の数は年々増えています
ですから、これからも対応エリアは広がって行くでしょう。



また、人口カバー率99%のau 4G LTEに対応している機種もありますので、こちらを利用するのもありです。



↓WiMAXサービスの申込み先はこちら↓
So-net モバイル WiMAX 2+